無痛治療のための6つの工夫

歯の治療そのものは麻酔をしますから、痛みはありませが、歯を削る時の音や振動などが原因で「怖い」「痛い」というイメージを持たれることが多くあります。当院の歯科治療は「痛い!」「怖い!」「音がイヤ!」そんなイメージを払拭できるよう「無痛治療」のための様々な工夫をしています。

<工夫その1 >
表面麻酔(塗る麻酔)で注射のチクッをなくす。

痛みを取るための注射が痛い!そんな矛盾を解決するための塗る麻酔です。麻酔の前に塗って浸透させるだけで、針を刺すときの痛みがかなり減ります。こどもの乳歯は注射なしの、この塗る麻酔だけで抜くことも可能です。それぞれバナナやイチゴなどの香りです!

<工夫その4 >
刺入点、注入スピード、注入量のコントロール

痛点を避け、痛みを感じにくい場所から、ゆっくり一定速度で麻酔注入します。途中で麻酔が切れないよう十分な最低量を使用します。

<工夫その2 >
麻酔薬を体温にする

麻酔薬を体温と同じ温度にすることで、麻酔薬注入時の痛みが最小限になります。

<工夫その5> 
麻酔が効いたか確認! 

注射の後は、身体に異常がないか、十分麻酔が効いた状態かを確認してから治療に入ります。まだ麻酔が効かないうちに治療を始めると痛みの閾値が下がりどれだけ麻酔を使っても効かない・・・という状態になってしまいます。

<工夫その3>
極細の注射針を使用する

針の刺入口が小さいほど痛みは少なくなります。当院では、極細であるだけでなく、針先が鋭利で刺通抵抗の少ない注射針を使用しています。

<写真>
上:当院使用 33G
下:採血用 20G

<工夫その6>
笑気麻酔

「怖い」「ドキドキする」という気持ちをリラックスさせる麻酔です。
痛みは注射でとることが出来ますが、「緊張」や「恐怖」は変わりません。
①痛みのない治療を安心して受けていただくための「吸うだけ」の麻酔です。
②「吸うだけ」といっても体内に停滞や残存はありません。吸っている時だけホワっとリラックスできます。
③高濃度酸素を同時に流しますので身体の状態が安定します。脈拍や心拍数が安定しますので、高血圧、不整脈など持病がある方に、より安全に治療を受けていただけます。
④全身麻酔や静脈鎮静と違って意識があり、完全に記憶は保たれます。
⑤嘔吐反射の強い方も、筋リラックスしますので治療が楽になります。

〒862-0941 熊本市中央区出水4丁目 25-25(出水ふれあい通り)
TEL  096-371-5672

<診療時間>
午前:09時00分~13時00分
午後:14時30分~19時00分

<休診日>
日曜・祝日 

医院について

●皆様へ●医院の情報